お父さんの傑作
(はたけ)

お父さんの傑作「野菜シリーズ」を生み出す  をご紹介します

1974年〜2008年> バアさんの野菜づくり
20世紀末の懐かしい写真あり

2009年〜2013年> お父さんの野菜づくり
40種超えの野菜づくりに挑戦した黄金時代(*^^)v
栽培アイテムを年齢相応に徐々に絞りこむ終畑時代(T_T)/~~~
2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年

お父さんの傑作「野菜シリーズ」
2013年までの栽培状況
(約50種)”爽やぐ”トップページをご覧ください

 
2004年7月、バアさんの認知症発覚を契機に大連駐在から帰国し、現役引退。
以来、 バアさん(82歳)の後を引き継いで、少しずつ野菜づくりをはじめた。
これまでは野菜毎に畑の部分しか表してこなかったが、母なる大地「野菜畑」がどうなっているのかを公開していきます。

この土地は将来、家を作るために購入した(1973年10月) が、1984年10月父親の突然の死を受け、この土地を母親の気分転換用にと農地に登録した。
私は別のところに家を作ったが、母はこの土地で23年間野菜を作り続けてきた。

2009年、畑の概要> 畑は東西に細長
東側に道路、西側に新築の家。

 
バアさんの畑も2009年(87歳)介護要支援2認定を受け、デイサービスのお世話になる頃から草むしり程度しかできなくなってきた。それでも畑のことが気になるので出かける意欲はあった。

その後、バアさんの認知症は急速に進行し、2010年2月要介護1、同年7月(88歳)要介護2の認定を受ける程になってきた。これは、何十年にも亘る薬漬けの生活が影響しているのではと考え、体質改善のため徹底した食習慣の改革を行った。結果、2010年12月全薬剤の服用廃止を実現させた。

お陰で、2014年4月の要介護3認定まで認知症の進行を遅らせることができた。
私も見よう見まねで野菜作りを始めて5年が経過する。バアさんの代わりには程遠いがバアさんが引退した82歳までは野菜づくりを続けたい。

 
2016年、畑周辺の概要
2012年>東側の畑地に家が建った。
2014年>北側西に増築。
2016年>南側東の空き地を測量。真新しい地境の杭が打たれた。
ここに家が出来れば、四方を住宅で囲まれ、我が畑はポツンと陸の孤島となってしまう(@_@;)エライコッチャ(@_@;)
 

爽やぐトップページ    ホームページトップ