内臓ハードディスクの増設

 

準 備

取り付け

インストール&環境設定

  背景とねらい

   一般的HDDの増設手順

   今回の増設手順

   使用パソコンの調査

   バックアップ

 

 HDDの購入・取り付け準備

 HDDの取り付け

 FDISK

 

 FORMAT

  OSインストール

  元のHDD取り付け

  周辺機器接続とドライバのインストール

  環境設定

  その他

 

準 備
 

 背景とねらい

いま使っているパソコンはハードディスク>2.1GB、CPU>Pentium166MHZシステムです。

2年前に購入して以来、写真や画像を多く取り込んできたため、HDDに余裕がなくなって、かなり動きが鈍くなってきました。

そこでこの際、現パソコンの2000年問題対応状況調査と同時にHDDの増設を決意しました。

しかも、できるだけ大容量のハードディスクを増設し、さらには、これを起動ディスク(Cドライブ)に設定し、一挙にスピードアップを図る。

 

補足

この決意に至ったのは、購読中の「日経パソコン」の特集記事「OSの起動は早いほうのディスクで」という挑発的な提言があったからである。

とはいえ、パソコンによっては増設できる容量に制限があるようで、やみくもに大容量化できないという。

このあたりを調査、確認しながら増設HDDにOSまでインストールしなければならない。

これは最早、プリインストールモデルを自作するようなものである。

 

基本的な手順、要領は日経パソコンにあるが、そのとおりに進むとは思えず、何が起こるか解らない。

DOS不理解の素人ではちょっと無理かな?と思ったが、最悪、元に戻せばいいと考え決行した。

しかし、単なる増設ではなく、起動ドライブ化は一筋縄ではなかった。結果は想像以上に困難なものでした。

悪戦苦闘はしましたが、そこから多くのことを学びました。

それでは パソコン奮闘記パートU お楽しみください。 

 一般的増設手順(プライマリー側スレーブ)

1、   HDD購入

2、 ジャンパスイッチの設定(スレーブ)

3、 パソコンにHDD取り付け

4、 fdisk(論理的なドライブ領域の確保)

5、 format

 

以上が内臓ハードディスクを増設する場合の基本的手順です。が、今回、私がやる「増設HDDのCドライブ化」はもう少し複雑です。

 今回の増設手順(プライマリー側マスター)

1、   現パソコンの調査

2、 アプリケーション、データのバックアップ

3、 HDD購入と取り付け準備

4、 増設HDDの取り付け

5、 fdisk

6、 format

7、 OS(Windows95)インストール

8、 元のHDD取り付け

9、 周辺機器の接続、ドライバのインストール

10、環境設定

11、アプリケーションのインストール

12、バックアップデータの増設HDD移設

 使用パソコンの調査

1、BIOSの仕様による8.4GB制限に抵触するかどうかの調査>従来のBIOSはCHS方式という24ビット表現のデータを読み込む方式。
[C(シリンダ)10ビット+H(ヘッド)8ビット+S(セクター)6ビット]
24
ビット表現の上限が8.4GBだそうです。

   CPUPentiumU以降は認識できるが、その前のものはだめのようだ!

   私のPCは単なるPentium166のため基本的にはNGだ!

   メルコやアイ・オー・データ機器のウエブサイトに8.4GB制限をチェック出来るユーティリティがあると知り早速、地元メルコから入手。

DOS/V機専用8.4GB超IDE HDD対応確認ユーティリティVar0.95b(試用版)」

メルコ
http://www.melcoinc.co.jp/qa/over8gd.html
アイ・オー・データ機器
http://www.iodata.co.jp/lib/utility/drvinf.htm

 

   結果は予想通り「非対応」であった。

 
結果の表示画面

INT 13th Extensions Test Program Var0.95b(MELCO.INC)

INT 13th Extensions・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・非サポート

Version of Extensions・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・不明

Fixed Disk Access Subset・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・非サポート

Enhanced Disk Drive Support Subset・・・・・・・・・・・・非サポート

判定結果:NG

このPCでは8.4GB超のHDDを使用することができないと判定されました。

 

2、8.4GB制限の回避策調査

   BIOSの方式を変えられれば8.4GB制限をクリアできるとの情報を得る。
*従来のBIOS:CHS方式(24ビット認識)>2の24乗X512バイト/セクター=8.4GB
*97年秋頃から採用されているBIOS:
LBA方式(28ビット認識)>2の28乗X512バイト/セクター=137.4GB

 

   LBA対応BIOSかどうか調査できるソフトが無料で入手可能(ただし英語版)
入手先>http://www.quantum.com/
または、日本クアンタム・ペリフェラル>http://www.quantum.co.jp/ からもアクセスできる。

早速ダウンロード。ソフト名は「Disk Go」というディスクマネージャーだった。

Setupインストールして、Diskgo!.exeをダブルクリック。

 

わたしのディスク環境がはっきりしました。

 

バージョン情報

 

 

ディスクの接続状態

 

 

ディスクの認識状態

 

 

3、ファイルシステムFATの確認

FAT(ファイル・アロケーション・テーブル)とは
>OS(Cドライブ)がデータを読み書きする管理方式のこと。

>初期Windows95はFAT16>Cドライブ認識容量>最大2GB

>OSR2以降のWindows95およびWindows98はFAT32>最大2TB(2000GB)

 

  マイコンピュータ右クリック → プロパティ

 

 

4、IRQ(ハードウエア割り込み要求信号)の確認、記録(印刷)

IRQ(インターラプト・リクエスト)とは

>処理中のパソコンにさらに処理を要求するとCPUはこの信号を受け付けるかどうか判断し、的確に中断・割り込みさせながら周辺機器に要求された処理をさせる。
そこでパソコンにはこのような周辺機器の割り込みを区別するための識別番号がついている。
機器を増設していくとIRQが競合してトラブルの元となる。

 

 

 コントロールパネル → システム → デバイスマネージャ → 印刷

 

5、ダイヤルアップネットワークの設定確認、記録(印刷)

   マイコンピュータ → ダイヤルアップネットワーク → 知多ネット右クリック  → プロパティ → 情報タグの設定ボタンON → 全般タグ → 接続タグ → オプション設定 → 知多ネットのプロパティに戻る → サーバーの種類タグ → TCP/IP設定(P)ボタンON → TCP/IP設定 → OK,OKで閉じる。

プロパティ

全般タグ  接続タグ オプション設定

サーバーの種類

        TCP-IP設定  

 
     

 バックアップ

1、自分が作った文書、画像、あるいはウエブサイトからダウンロードしたソフトなどを別ドライブ(外付けHDD)またはMoやFDにコピーする。

2、プリンタ、スキャナなどの接続機器のドライバを、同じく別ドライブまたはMoにまとめて保存する。
それぞれのドライバを初期接続したときと同様にインストールするのは大変な手間がかかる。
また、別ドライブからならFDインストールより高速にできる。

3、別ドライブに余裕があればここに「WIN95」フォルダーを保存しておく。OSのインストールがCD−ROMを差し込まなくてもできる。

 取り付け
 

 HDDの購入、取り付け準備

1、   パソコンショップで品定め。
驚くことに4.3GBと8.4GBが同じ価格でした。(18,800円)
8.4GB制限さえなければ多分、4.3GBのほうが安いはずである。
8.4GB制限の回避について一抹の不安はあるものの、値段が同じなら容量の大きいほうが得と考え、ダメ元で8.4GBを購入。
(メルコ:DBI−UV8.4GT2

2、   梱包を開き、内容を確認し、付属のユーザーズマニュアルに目を通す。

3、   このHDDを起動ドライブ(Cドライブ)とするため、ジャンパースイッチをマスタに設定する。(道具はピンセット)
通常、購入時はマスタに設定されているそうですが、今回買ったものはスイッチが1個余分に付いていた。
付属の「スイッチ設定シート」にもその説明があった。余分なスイッチを取り外し、マスタに設定する。

 

 HDDの取り付け

1、 パソコン本体の電源(コンセント)を抜き、周辺機器の接続コードを外す。
パソコンのスイッチをOFF
にするだけでなく、コンセントを抜いたほうが安全です。

 

2、パソコンのケースを外し、HDDの取り付け状態、増設スペースを確認する。

一番上はCD-ROMドライブ、中間がFDドライブ、下がHDD

 

¨     取り付け:3.5インチ

¨     現HDDのジャンパスイッチが見当たらない。裏側か?とすると、外さなければならない。
ジャンパスイッチさえスレーブに切り替えできれば、
HDD
を外さなくてもフラットケーブルの差し替えで可能になる。
単なる増設なら新しいHDDのジャンパースイッチをスレーブに設定すればよい。
マスタとスレーブの設定はケーブルに接続する順番ではないので、つなぎ直す必要はない。

 

3、元のHDDの接続ケーブル(電源コネクタとフラットケーブル)を外す。
どちらのケーブルも堅く挿入されており、なかなか抜けない。>女性では無理か?

 

4、 フラットケーブルのコネクタ挿入位相を判別し易くするため、
ケーブルに「マスタ」、「スレーブ」と明示。

電源コネクタは片側のコーナーが面取りされているので解り易い。

 

5、 固定ねじ(4箇所)を外し、HDDを取り外す。(ねじは座付きであった)

 

6、増設HDDを元のHDDの位置に取り付ける。
(メルコに付属のねじは座無しのため、ワッシャが必要)

7、 元のHDDのジャンパースイッチをスレーブに設定し、空きスペースに取り付ける。(写真撮るの忘れた)
2箇所空きがあったのでFDドライブの下にした。(増設HDD
とは隙間あり)

 

8、 マスタのフラットケーブルを増設HDDに挿入する。
注意:コネクタはかなり堅いので、強く押し込むこと。

 

9、 電源コネクタを増設HDDに挿入する。
注意:フラットケーブル同様、差込は固い。

 

10、モニタ、キーボード、マウスを接続し、パソコンの電源コンセントを差し込む。

¨    本体ケースは取り付けない

¨    元のHDDは接続せずに外したままにしておく。(誤操作でデータを損傷させないため)

 

 FDISK

1、起動ディスクをFDDに挿入し、モニタ、パソコンの順に電源ON。

 

2 A:¥>プロンプトに「fdisk」と入力し、Enterを押す。

 

3、画面にFAT32を使うかどうか聞いてくる。
512MB以上のディスクがあります。・・・・・・・フォーマットできます。
重要:大容量ディスクの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・使用しないで下さい。
大容量ディスクのサポートを使用可能にしますか(Y/N)・・・・・・・・・・?[Y]
今回は2GB以上のドライブを作りたいので[Y]を入力してEnterを押す。

 

4、画面が「現在のハードディスク:1」に変わる。
次のうちからどれかを選んでください:
1.MS-DOS領域または論理MS-DOSドライブを作成
2.
3.
4.
5.
どれか選んでください:[1]
現在のハードディスク「1」は今回接続したHDDのことです。「1」を選択してEnterを押す。

 

5、画面が「MS-DOS領域または論理MS-DOSドライブを作成」に変わる。
現在のハードディスク:1
次のうちからどれかを選んでください:
1.基本MS-DOS領域を作成
2.拡張MS-DOS領域を作成
3.拡張MS-DOS領域内に論理MS-DOSドライブを作成
どれか選んでください:[1]
今回は増設HDDを起動用ドライブに指定するため「1」を選択してEnterを押す。
たんなる増設なら「2」を選び、その増設HDD内に複数のドライブを指定するには「3」を選択する。

 

6、画面が「基本MS-DOS領域を作成」に変わる。
現在のハードディスク:1
基本MS-DOS領域に使用できる最大サイズを割り当てますか
(同時にその領域をアクティブにします)(Y/
N)・・・・・・・・・・[Y]

7、画面にFDISK完了のメッセージが出たので、Escキーを押す。
基本MS-DOS領域を作成しました。ドライブ名は変更または追加されました。
続けるにはEsc
キーを押してください

8、元の「FDISKオプション」に戻ったのでEscキーを押し、FDISKを終了。

9、画面が変わる
変更を有効にするには、コンピュータを再起動してください。
変更または作成したドライブは、すべて再起動後にフォーマットする必要があります。
再起動する前にWindows
を終了して下さい。

10、 OSは入っていないのでこのまま終了しようとしたが、方法が解らず。
アプリケーションの強制終了で使う「Ctrl+Alt+Delete」で再起動した。
単純に電源を切ったほうがよかったかな?

 

 

 

インストール&環境設定

 FORMAT

1、 起動ディスクをFDDに差し込み、モニタ、パソコンの順に電源ON。

 

2、 A:¥>プロンプトに「format_c_/s」と入力しEnterを押す。が、次のようなエラーメッセージが出て、何回トライしてもダメだった。
「システムファイルを読み込むにはメモリが足りません、フォーマットを中止しました」
このメッセージの意味が理解できないまま、フォーマットを断念した。

 

3、 通常ならFDISKコマンドでパーティション(領域)を分けたあと、再起動してFORMATコマンドでハードディスクを初期化できる。が、今回FDISK      後の操作に問題があったようでFORMATできない。(それがどんな操作ミスなのか解らない)

 

4、 やけっぱちでフォーマットされていないHDDに無理やりOS(Windows95)をインストールしようと考えた。

 

5、 パソコン購入時に作成しておいたCD−ROMセットアップ起動ディスクをFDD(フロッピーディスクドライブ)に挿入し、電源ON。
 CD−ROMドライブにCDを挿入するようメッセージが出るかと期待したが、音沙汰なし。

 

6、 改めて、起動ディスクとWindows95CD−ROMをドライブに挿入し、電源ON。

 

7、 A:¥>プロンプトに続いて今までのCD−ROMのドライブ名「Z」を入力Enter(A:¥>Z:)。結果はNG

 

8、 そこで今のドライブ名「D」を入力(A:¥>D:)し、ドライブを変換し、

 

9、 D:¥>SETUPと入力Enter

  「準備しています。しばらくお待ちください。Windowsセットアップには :ドライブに4391024バイトの空き領域が必要です」
 このようなメッセージが出たまま一向に進展せず。何度トライしても同様であった。

 

10、ふとここで、「今までのドライブZが今回はドライブDに変わっている」ことに気が付いた。
   そこでCD−ROMセットアップ起動ディスクの内容を点検した。

セットアップ情報の入っているファイル「drvcopy.inf」をメモ帳で開く。(右クリック後、編集メニュークリック)
このファイルの中間くらいに旧ドライブ名「Z」を発見せり。
CmdAdd=MSCDEX.EXE,“_/D:MTMIDE01_/L:

 

11、訂正セットアップディスクとWindows95CD−ROMを挿入してパソコンの電源ON。

 

12、A:¥>D:入力し、Enter。

 

13D:¥>cd_¥Win95入力し、Enter.

 

14、D:¥win95>Oemsetup_/k_“a:¥drvcopy.inf を入力し、Enter。(Autoexec.batの一部)

 

15、セットアップ画面<Microsoft Windows95 Setup>出現>>>成功<<<ああ、よかった。

   「このCドライブはフォーマットされていません。フォーマットする(推奨)」Enter

 

16、画面<ハードディスクのフォーマット>
   「お待ちください。フォーマットしています。」「ドライブCをフォーマット中○○%完了」

 

17、画面<Scandisk実施>

 「Setup開始」

Windows95のインストール開始。

途中、セットアップディスクの挿入依頼あり。「CD−ROMセットアップ起動ディスク」挿入。

40分でインストール終了。

 元のHDD取り付け、周辺機器接続とドライバのインストール

1、   パソコンの主電源ケーブルを外す。

 

2、   元のHDDにスレーブのフラットケーブルを、次に電源コネクタを差し込む。
注意>非常に堅いので、位相を間違えないように差し込み、その後強く押し込む。

 

3、   主電源をつなぎ、パソコン電源ON。

 

4、   マイコンピュータでDドライブを確認。>OK

 

5、   Windowsを終了し、パソコンの電源をOF。

 

6、   周辺機器接続>プリンタ、ターミナルアダプタ(TA)、SCSI機器(HDDMO、スキャナ)

 

7、   パソコン電源ON。接続確認。 コントロールパネル → システム → デバイスマネージャ(念のため印刷し、日付をいれておく)

 

8、   デバイスドライバのインストールプリンタ、モデム(TA)、グラフィックボード、サウンドボード

 環境設定

スタート → 設定 → コントロールパネル(クリック) 

 

1、   キーボード

 

2、   マウス

 

3、   画面>ディスプレイの詳細で解像度変更>立ち上がり(当初)640 X 480 →→ 1024 X 768

 

4、   日付と時刻>確認

 

5、   ダイヤルアップネットワークの組み込み
アプリケーションの追加と削除 → Windowsファイルタブ → 

  通信にチェックマークをつける → 詳細(D)ボタン押す → ダイヤルアップネットワークをチェック

 

6、  TCP/IPの組み込み
ネットワーク → ネットワークの設定タブの追加(A)ボタン クリック → プロトコル選定 → 追加(A)ボタン押す → 
製造元(M):Microsoft選定、ネットワークプロトコル:TCP/IP選定

製造元(M):Microsoft選定、ネットワークプロトコル:TCP/IP選定

 

7、 モデムの組み込み
モデム → 「情報」タブ
 追加(A)ボタン押す。セットアップされているモデムの型番を確認。

さらに、モデムのプロパティとダイヤルのプロパティを確認。

8、ブラウザインストール>IE4.0、NC4.0

9、ダイアルアップネットワークの設定
  マイコンピュータ 
→ ダイアルアップネットワーク → 新しい接続(ダブルクリック) → 「新しい接続ウイザード」に従って進める。
接続名入力(知多ネット) → 電話番号入力 → 作成完了  → 新しい接続先「知多ネット」のアイコン作成 

 
作成完了 新しい接続先「知多ネット」のアイコン作成

 

10、TCP/IP設定

   「知多ネット」アイコン右クリック → プロパティ → 「全般」タブ 「接続の方法」(N)の設定ボタンON → ポート、速度確認 → Okボタン 
→ 「サーバーの種類」タブのTCP/IP設定(P)ボタンON → TCP/IP設定 → OKボタン → OKボタン

 

「全般」タブ 「接続の方法」(N)の設定ボタンON
ポート、速度確認
「サーバーの種類」タブのTCP/IP設定(P)ボタンON

TCP/IP設定

 

11、インターネット設定

   インターネットアイコン右クリック → プロパティ → 「全般」タブ → ポータルサイトの変更 → 「接続」タブ → 接続設定ボタンON → ダイアルアップ設定でユーザー名、パスワードなどの入力とその他の設定

 
「全般」タブ

「接続」タブ

 

ダイアルアップ設定でユーザー名、パスワードなどの入力とその他の設定

 

9、Eメールの設定>Outlook Expressの場合

メニュー「ツール」 → アカウント → インターネット接続ウイザードの指示に従って入力 → 電子メールサーバー名 → インターネットメールログオン → メールアカウント名 → 接続の種類の選択 → ダイアルアップ接続 → 設定完了

 
アカウント
電子メールサーバー名
 
インターネットメールログオン
メールアカウント名
   
接続の種類の選択
ダイアルアップ接続
   

設定完 了

 
 

10、Eメール設定確認>Outlook Expressの場合

   メニュー「ツール」 → アカウント → 「インターネットアカウント」の「メール」タブ → プロパティボタンON → 

   「yohkaiのプロパティ」の「全般」タブ → 「yohkaiのプロパティ」の「サーバー」タブ → 「yohkaiのプロパティ」の「接続」タ ブ

 
「yohkaiのプロパティ」の「全般」タブ

「yohkaiのプロパティ」の「サーバー」タブ

 

「yohkaiのプロパティ」の「接続」タ ブ

 その他

1、アプリケーションのインストール。
(1)Audio Application(Sound Blaster 16Bit by CD−ROM)
(2)EPSON Scan!U&Image Stitching(GT−5500 by CD−ROM)
(3)年賀状ソフト by CD−ROM

2、バックアップデータの復帰

3、その後の設定。
(1)OSのアップグレード>Windows95 OSR2 → Windows98 Second Edision
(2)ワープロソフトのアップグレード>Office97
 → Office2000(11/30)

 

パソコン奮闘記トップ(目次)に戻る